副業で稼ぎつづけるためのコツ【時間を確保すること】

こんにちは!

 

最近、副業を始める人が増えてきましたね。

 

ただ、僕の周りでよく聞く悩みとして、

 

「副業を始めてみたけどなかなか続かない」

「仕事が忙しくて時間がない」

 

というのをよく聞きます。

 

今回は、会社員必見の副業や副業のための学習を続けるためのコツを解説していきます!

 

目次

・副業を続けるなら時間確保が重要

・具体的な副業の時間

・副業を続ける時間確保のコツは朝活

 

簡単に僕の自己紹介をしますね!

 

・アフィリエイトや副業で稼ぐことに憧れて始めるが稼げるまで7年くらいかかる。

・その間に様々な教材やツール、塾やコンサルなどのサービスにお金を使ってきた

YouTubeでの集客方法に特化したサイトアフィリの方法でついに月10万以上を稼ぐ

 

 

こんな感じで、稼げるようになるまでかなり遠回りしてきましたが、そのおかげで効率的に稼げるようになるための手法にも気付きました!

 

あなたもこの記事をしっかりと読めば、副業で稼ぎ続けるコツをつかめますので、ぜひ参考にしてみてください。

副業を続けるなら時間確保が重要

会社員が副業をするときの大きな問題の一つは、やはり時間が確保しづらいことです。

 

フリーランスであれば1日中、その作業に打ち込めますが会社員は本業があるのでそうはいきません。

 

「いざ収入を増やそうと始めてみたけど、時間がなくて続けられない」と悩む人は多いですよね。

 

つまり、この時間を確保できるかできないか、というのが会社員の副業ではかなり重要な部分になってきます。

 

大事なのは継続

副業で一番重要なことは、続けることです!

 

継続できないタイムスケジュールを組んで学習したり、作業に当たっても続かなければ意味がないです。

 

特に会社員は、フリーランスと違って収入が安定しているのでついついサボりがちになってしまう人も多いと思います。

 

なので、まずは続けられるタイムスケジュールを組むことが大切です!

 

「じゃあ具体的にどう組めば良いの?」と思う人がいると思うので、次はここを深堀していきます。

 

具体的な副業の時間

僕も会社員なので、初めは副業に当てる時間が平日1時間、土日23時間くらいでした。

 

それでもしっかりと成果は出せましたし、月に100,000円以上の収入も得られました!

 

実際の副業の作業に置き換えて深堀してましょう。

 

スケジューリング①:WEBライター

例えば、WEBライターとして記事を書く副業であれば、2,000文字の記事を3日に1本のペースで書き上げるようにスケジューリングするとやりやすいと思います。

 

具体的な内訳としては、

 

・記事の構成:平日1時間

・記事の下書き:平日1時間

・記事の執筆:平日1時間

 

こんな感じで、1つの記事を3日に分けて書き上げていくと続けられるように感じますよね!

 

ここで注意すべき点は、「今日はモチベーションが高いから一気に1記事書き上げるぞ!」と思って一気にやってしまわないことです。

 

一気に書き上げようとすると疲れてしまうので、次の記事を書くときに大変に思ってしまうので、モチベーションが高いときもペースを乱さないのが吉です!

 

モチベーションが高かろうが低かろうが一定のペースで質の高いものを提供しようとすることが、継続のポイントです。

 

スケジューリング②:YouTuber

YouTuberを副業とする場合も作業を分散させます。

 

・企画構成/台本作成:平日1時間

・動画の撮影:平日1時間

・動画編集:平日1時間+土曜2時間+日曜2時間

 

こんな感じで、動画編集にどうしても比重が重くなってしまうので最初は1週間に1本を目標にしていくと継続できると思います!

 

慣れていけば、動画編集の作業はどんどん早くなっていきますし、構成や台本作成、動画の撮影もスピードが上がっていくので投稿頻度も上がっていきます。

 

》ポイント

話しが少しそれるかもですが、YouTubeを副業とするならば読んでおいた方がいい記事があります。

 

下記に貼っておきますのでそちらを参考にするのがおすすめです!

 

〈副業として今でもYouTubeで稼ぐための方法【 特化型を目指すべき! 】〉

 

スケジューリング③:プログラミング

プログラミングは、まず学習からスタートする人も多いと思いますので学習におけるスケジュールを解説していきますね!

 

プログラミング学習をするときは、Progateかドットインストールという無料のオンライン教材を使うのがおすすめです。

 

Progateの良いところは、プログラミング言語ごとに学習コースが分けられていて、1問ごとで問題が出されるのでキリが良いところでやめられるのが継続しやすいところです。

 

また、Progateはブラウザ版だけでなく、より簡易的に学習できるアプリ版もあるので通勤時間や休憩時間などでも効率的に学習することができます。

 

Progateと合わせてドットインストールもおすすめなのですが、これは動画音声で進んでいく教材なので通勤時間などを使ってインプットしつつ、帰宅後や次の日の朝などに1時間でもアウトプットしていくのが効率的に学習できるスケジューリングです。

 

プログラミングはとにかくコードを書いていくことが習得の近道なので、1時間でもコードを書いていると慣れるのに時間が短縮されて、早く収入に繋がっていきますよ!

 

》ポイント

どの言語を学んだら良いか、プログラミンで稼ぐにはどうしたら良いかが気になる人は、下記の記事を読むのをおすすめします!

 

どのくらいの収入なのか、何を学んだらいいのかが書かれた記事なので参考にしてみてください。

 

【会社員おすすめ】月3万円がすぐ稼げる副業3選 

 

副業を続ける時間確保のコツは朝活

もう少し副業をいつやるべきかを深堀していきます!

 

副業の時間確保のコツはズバリ朝やることです!

 

理由はすごくシンプルで、仕事終わってから副業に全力で向かうのは正直キツいからです。

 

もう一つの理由として、人の脳の働きは朝が一番活性化されているので作業効率が夜に比べて格段に良くなるからです。

 

朝は眠たいですが、目が覚めてからすぐに取り組むと疲労も少なく、より脳が活性化されるので本業に入るときも脳が目覚めた状態で取り組めるため、一石二鳥です!

 

そして、「出勤前の朝に必ずやる!」ということを死守すれば、イヤでも継続ができるので一石三鳥です!

 

平日がムリなら土日の朝活

もし、「いきなり平日の朝がムリだ!」という人は、土日の朝から始めて慣らしていくのがおすすめです。

 

2回だけ1時間早く起きて副業に取り組む、と考えるとかなりハードルは下げられると思います。

 

そのまま朝に23時間の作業ができれば一番良いですが、おそらく大変かもしれないので夜にも1時間の時間を作ってて分散させると、さらにハードルが低くなり継続しやすくなりますよ!

 

通勤時間を有効活用

副業を始めるときに、学習や知識や情報をインプットする時間が必要になってくる場合があります。

 

このインプットの時間は、できるだけ通勤時間を利用すると効率的に副業や副業のための学習を進められます。

 

例えば、僕は通勤まで電車で片道30分なので往復1時間をインプットの時間に当てています。

 

1時間調べ物をするとかなりの情報を得られますし、電子書籍や音声書籍などで1時間の読書をすれば1ヶ月に少なくても56冊の読書ができます。

 

社会人の平均学習時間が16分と言われているので、通勤時間の過ごし方を変えるだけでも周りに大きく差をつけることができますよ!

 

こういった細かい時間の投資が収入になって返ってくると思うと、日常の過ごし方はバカにできませんよね。

 

まとめ

以上で、副業で稼ぎ続けるためのコツを解説してきましたが、最後にまとめます。

 

・継続できるスケジュールを組むのが一番重要

・朝イチで活動するのが効率的でおすすめ

・通勤時間を有効活用するとより効率が上がる

 

日頃の過ごし方から少しだけ変化を付けるだけで、月35万は超えられるのでぜひ参考にしてみてください!

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

宗谷のプロフィール
アフィリエイトを実践しています。YouTubeとかTopBuzzとか動画系のアフィリエイトを中心にやっています。
その他にサイトアフィリも少し実践中です。
詳しいプロフィール
人気の記事はこちら
最近の投稿
開始1ヶ月で8万円稼げた手法!
YouTubeのツールで楽に稼ぐならこれ!
カテゴリー
応援よろしくお願いします